若手選手に届け、谷繁選手の言葉!

昨日Goingで谷繁選手の特集が放送されました。その中での谷繁さんの言葉をここに。

「徹底的に練習をして、無駄な練習でもいいから、量をやった方が勝つと思う。どれだけ自分で

歯を食いしばってやって、それを自分のものにしていく」そうすることで強くなるのだと。

長く活躍をする選手は、練習熱心だったとまわりから言われる方が多いように思います。

前監督の言葉を借りれば「練習は嘘をつかない」ということやろか。

谷繁さんはこうも言っていました。「できる野球を命懸けてやる」と。

おおげさでも命を懸けてやるくらいでないとプロの世界では生き残れないんやろうなあ。

一生懸命努力し、がむしゃらに頑張った者に野球の神様は微笑むんやな。

谷繁さんの言葉がどうかドラゴンズの若手選手に響きますように・・。若手選手の活躍は私たち

ファンの楽しみでもあるんやで。

20130418

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ